バッテリー上がりを防ぐためには 【バッテリー上がりの修理救援業者】基本料4980円|関東対応|みらいバッテリー上がり110番

  • お見積り依頼

バッテリー上がりを防ぐためには

急なトラブルを避けるために

長距離の運転を意識する

長距離の運転を意識する

定期的にエンジンをかけるだけで解決というわけではありません。実はエンジンをかける瞬間が一番バッテリーを消費するため、その後少しだけ長距離の運転を心がけてみてください。車が走行している間にバッテリーは充電されるので定期的な長距離の運転はバッテリーの寿命を伸ばしてくれます。

エンジンをかけっぱなしにしておく

エンジンをかけっぱなしにしておく

お仕事が忙しく、なかなか長距離の運転ができない…という方はエンジンをかけっぱなしにしておくことも寿命を伸ばす方法の一つです。ただその場合、近所迷惑にならない場所で行うことと、ライト類やエアコン等の電装品は切っておいて下さい。

バッテリーの電圧チェックを行う

バッテリーの電圧チェックを行う

手元に電圧チェッカーをお持ちでない場合、主にガソリンスタンドでチェックしてもらうのが便利です。
定期的な確認が突然のバッテリー上がりを防ぎますので、立ち寄った際には見てもらう事をお勧めいたします。

バッテリー液量のチェック

バッテリー液量のチェック

過剰放電によるバッテリー液の蒸発等で液が少なくなり、電極が空気中にさらされるとバッテリー容量の減少に拍車がかかります。バッテリー液量の定期的なチェックと液の補填は、寿命を伸ばすために非常に重要です。

安全で快適なカーライフのために

どこかへ出かける時、誰でも安全で快適な状態でドライブを楽しみたいはずです。日々お仕事で使うお車も、不具合や不安を取り除いて使いたいですよね。様々なお車のトラブルの中で突出して出てくるのが“突然のバッテリー上がり”です。ブースターケーブルやジャンンプスターターをお持ちの方は少ないかもしれません。

ページのトップへ戻る