バッテリーの寿命を少しでも伸ばすには 【バッテリー上がりの修理救援業者】基本料4980円|関東対応|みらいバッテリー上がり110番

  • お見積り依頼

バッテリーの寿命を少しでも伸ばすには

できるだけ長くバッテリーを使いたい方へ

バッテリーの寿命は平均で2〜4年です。この前提を踏まえて、様々なトラブルが起こると仮定しても、少しでもバッテリーの寿命をのばしたいですよね。
大切なお車に搭載されているバッテリーを長持ちさせることができる、かつ、一番簡単な方法があります。
それは、“定期的に車を運転する”ことです。
先述したとおり、車に乗っていないということは充電されていないのと同義です。充電されていない車は放電してしまうだけなので直ぐにバッテリーが上がってしまいます。1度でもバッテリーが上がってしまうとバッテリー自体への負担がかなり大きいものになります。
そうならないために、エンジンを定期的にかけて運転をするということは、とても大事なことになります。

バッテリーの寿命を縮めてしまう使い方

こんな使い方していませんか?

普段車に乗っていて、以下のような使い方をしている方は注意してください。バッテリーの寿命を気付かないうちに縮めてしまっている可能性があります。


・1日に何回もセルモーターを使ってエンジン始動させている

・雨天時もしくは夜間しか運転しない

・ウーファーなど消費電力が大きい電装品を使用している

・いつも渋滞している道を通っている

・車にたまにしか乗らない

愛車の健康のためにも、時には長く運転してあげることはバッテリーの長持ちに繋がることはもちろん、エンジンオイルなどの固着も予防することができますので、試してみてください。

ページのトップへ戻る